スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

オリジナルストーリー

2009⁄06⁄14(日) 01:32
プロローグ~ 旅立ち? ~

 この物語(ストーリー)は、あるカードショップから始まる

「いいぞ!やれー!」
「どちらも負けるなー!」

そのカードショップには溢れんばかりの人と歓声でにぎわっていた
決勝戦、両選手一歩も引かぬ一進一退

「がんばれ遊太!」
「負けるな風間」

遊太 L2400 スターダスト・ドラゴンx2   手 レスキューキャット 死者蘇生 融合解除
風間 L1900 メタル・リフレクト・スライム 伏せx3  手 沼地の魔神王 融合 カオスソルジャー

「俺のターン!ドロー!」

その声に会場が静まる

「伏せカードを二枚伏せ。ターンエンド」

「僕のターン、ドロー」

「リバースカードオープン、リビングデット!」
「効果により、ダブルコストン特殊召喚!」

「そんなカードを特殊召喚したところで・・・」
「ダブルコストンとリフレクト・スライムを生け贄に!現れろ、邪神ア・・・」
といい召喚しようとしたところで
「リバースカードオープン、「王宮のお触れ」!効果によりリフレクト・スライムトークン消滅!」

「?、し、しまった!」

「これで召喚は不可能」
(よし、これで勝てる)
「その瞬間!速攻魔法サイクロン」

「しくった!」

「そして、アバター召喚」

邪神アバター 攻2600/守2600 

「効果発動、2ターンの間、魔法、罠発動不可!」

「やば!(しかし、高々2600でこの戦局は換えられん)」

「そして!」

(なんだ?)

「融合発動!現れろ究極竜騎士(マスター・オブ・ドラゴンナイト)!」

「な、何だとー」

「効果により、邪神アバターの攻撃力5100」

「終わった・・・」

「アバターで攻撃「ダークネス・ギャラクシー・クラッシャー!」

アバター攻5100 ダスト攻2500

「ぐわあああ!」

L2400>L0

「負けた・・・」

「うおおおお!勝ったー」
風間の声とともに歓声が沸きあがり
その大会は終了となった


その帰り道

「惜しかった、惜しかった・・・」
それを何度も繰り返しいい、家路に着こうと言う時に後ろから
「君、もしかしてそれ、やっているのかい?」

振り向くと怪しげなおっさんが立っていて、遊太のデッキを指差している

「そ、そうだけど!(何だこのおっさん?)」

「きみ、もしかして、強いのかい!」
(あやしいな)
「ああ、強いよ!」

「じゃあ、おじさんとデュエルしてくれ」

「!?」
(何だこのおっさん、まあいいか)

「いいよ」

「ありがとう」



「デュエル!」


しばらくして

お L7000 魔法都市エンディミオン アーカナイト・マジシャンx2 伏せx5
遊太 L1900 サモン・プリースト  手 クリボー 死者蘇生

(マジかよおっさん強すぎる)
「俺のターン、ドロー。「レスキュー・キャット」おしっ、奇跡だ」

「俺は、レスキューキャットを召喚、効果でリリース、そして「エアベルン」と「デスコアラ」を特殊召喚
チューニング「ゴヨウ・ガーディアン」をシンクロ召喚」

「その瞬間、奈落の落とし穴」

「なにぃー」

「くそ、死者蘇生」

「待った「マジックジャマー」」

「ターンエンド・・・」

結果負け

「くそ」

帰ろうとしたとき
「まて」

「なんだ」

「君は強くなりたいか?」
(なんだ、そんなこと)
「もちろん」

「ならこれを、もっているといい」
そういって一枚のカードをくれた
(なんだこれは・・・)


しかし、それは俺の運命を変える一枚だった
スポンサーサイト

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。